お中元はいつ贈る?金額の相場やおすすめ商品、マナーや注意点を徹底解説

いつもお世話になっている方や、普段なかなか会うことができない遠方の方に、感謝の気持ちを込めて贈る夏のギフト「お中元」。
季節の挨拶も兼ねてギフトを贈りあうのが日本人の慣習のひとつとなっています。

お中元自体は知っているけれど、いざ自分が贈る立場になってみるといろいろ考えてしまいますよね?
「いつまでに贈ればよい?」
「贈って失礼なものってあるの?」
「金額の相場はいくらぐらいが適切なの?」
など、気になる内容も多岐に渡ります。

そこで、今回はお中元を贈る時期や金額の相場、失敗しないためのマナーなどを細かく紹介していきます。
正しい知識を身に着けて、感謝の気持ちを伝えたい相手に気持ちよくギフトを受け取ってもらえるようにしましょう。

お中元ってそもそもどういう意味?

そもそも「中元ってどういう意味?」と、疑問に思ったことが一度はあるのではないでしょうか。
お中元自体は「夏のギフト」ですが、字面から意味を想像するのは難しいですよね?

お歳暮であれば、歳末や年の暮など、年末に用いられる言葉が並んでいるのでなんとなく年末を想像することはできると思います。
それに対してお中元という言葉を見てもいまいち夏ということを想像しにくいでしょう。

それもそのはず。
実は、お中元という言葉自体は中国から伝わった言葉。
しかも夏やお盆のような意味はまったく含まれていないんです。

お中元の起源は中国の風習?

「中元」というのは中国にある神様の誕生日のひとつで、1月15日の「上元」、7月15日の「中元」、10月15日の「下元」から来ています。
それぞれ異なる神様の誕生日で、中元は「地官赦罪大帝(ちかんしゃざいたいてい)」という神様の誕生日。
中元の時期になるとお供え物をしてお祝いをするのが通例となっています。

中元の風習が日本に伝わる前には「盆礼」という仏教の風習が定着していました。
お盆は祖霊祭の日でもあったため、日頃お世話になっている方の元へ訪問し、そうめんやお米などの食品を贈ることが多かったようです。

時代と共に仏教の風習である「盆礼」と中国のお祝いである「中元」が合わさり、お盆の時期に日頃の感謝を込めてギフトを贈り合う「お中元」という日本独自の文化へと変わっていったようです。

お中元を贈るタイミングは地域で異なる

日本では、地域によって「お盆」の時期が異なります。
これは、いわゆる「新暦」と「旧暦」と呼ばれる別々のカレンダーが存在していることが理由。

日本に定着していた風習は、当時はすべて旧暦のものだったため、現在のカレンダーから約1ヶ月程度ズレています。
時期をずらさず、旧暦のままにしているか、新暦を用いて日にちを調整しているかによって「お盆」の時期が異なるため、日本の中でもお中元を贈るタイミングが異なっています。

結局お中元はいつ贈れば良い?

お中元は、行事のカレンダーに旧暦を用いるか新暦を用いるかによって贈る時期が異なります。
すべてではありませんが、東日本は「旧暦」、西日本は「新暦」に合わせて贈るのが一般的。
年賀状のようにその日にピッタリ贈らなければならないわけではなく、だいたい月の上旬から15日くらいを目途に届くよう贈られます。

●地域による詳しい時期は下記の通り

  • 北海道:7月15~8月15日
  • 東北・関東:7月上旬~15日
  • 北陸:地域:地域によって異なる
  • 東海・関西・中国・四国:7月中旬~8月15日
  • 九州:8月上旬~15日
  • 沖縄:7月15日前後

15日を過ぎてしまった場合は「暑中見舞い」、立秋を超える場合は「残暑お見舞い」として贈れば失礼にはあたりません。
ちなみに、贈る相手が目上の方の場合「見舞い」ではなく「伺い」とすればより丁寧になります。
会社の上司から思わぬお中元をいただき、慌ててお返しを・・・と考えている時は、「暑中御伺い」「残暑御伺い」として贈りましょう。

お中元に喪中はあるの?

自分や相手が喪中の場合、お祝い事や華やかな場所への参加を避けるケースが少なくありません。
そのため、お中元は送るべきか悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

贈りたい相手が喪中の場合と、ご自身が喪中の場合に分けてご紹介するので参考にしてみてください。

贈りたい相手が喪中の場合

お中元は、相手の方へ日ごろの感謝の気持ちを込めて贈る、時候の挨拶を兼ねたギフトです。
そのため、一般的にはお祝い事に含まれないと考えられているため喪中でもお送りして問題ありません。

ただし、故人を失った悲しみが癒えていないケースもあるかもしれません。
気になる場合はいったんお悔やみの挨拶と共に連絡をとり、お中元をお贈って問題ないかを確認した上でお届けすると良いでしょう。

自分が喪中の場合

自分自身が喪中の場合、先方に不幸があったわけではないためお中元は贈っても問題ありません。
ただし、場合によっては喪中も方からのお中元を「縁起が良くない物」と捉えられたり、先方に気を遣わせてしまったりすることもあるようです。

そのため、お届けの時期を少しずらして残暑御見舞いにするなど、タイミングを工夫するのもおすすめです。

忌中のお中元はマナー違反にあたる

相手が喪中の場合はお中元を贈っても問題ありませんが、四十九日法要が明けるまでの忌中の期間にお中元を贈るのはマナー違反になるため注意が必要です。

忌中は遺族も法事をはじめとするさまざまなことで忙しいほか、故人を失った悲しみが癒えていない時期でもあります。
また、日が浅いうちの贈り物は香典と勘違いされる可能性も少なくありません。
忌中とお中元の時期が重なってしまった場合は、忌明けを待ち、暑中見舞いや残暑見舞いとして贈り物をすると良いでしょう。

お中元の金額の相場

お中元は日頃の感謝の気持ちを伝え、健康を祈って贈るもの。
一年の半ばにあたるお中元は、お歳暮に比べて少し相場が安く、親せきや知人には3,000円程度、仲人や上司には5,000円程度を渡すのが一般的。
特別お世話になっている方に対してはさらに高価なものを贈るケースもあるようですが、あまり高すぎると相手に気を遣わせてしまう可能性もあるので注意が必要です。

お中元の基礎知識とマナー

お中元は、「お世話になった方に感謝の気持ちを伝える」ための手段のひとつとして用いられる贈り物で、日本に残る慣習のひとつです。
そのため、最低限のルールやマナーが存在します。ちょっぴり煩わしいと感じるかもしれませんが、できていないと失礼にあたる可能性もあるので正しく理解しておきましょう。

お中元を贈るとお歳暮も送らなければダメ?

よく、お中元とお歳暮はワンセットとして考えられますが、必ずしも両方贈らなければならないというわけではありません。
一般的にはお中元よりも1年の締めくくりとなるお歳暮の方が重要視されがち。
そのため、どちらか一方とするならば、お中元よりもお歳暮を優先させることをおすすめします。

一過性ではなくこれからも長く付き合う方への贈り物

お中元とお歳暮は、一般的に日頃の感謝とこれからもよろしくお願いしますといった気持ちも込め、毎年贈り合うことを前提にしたもの。
今年は贈るけれど来年は贈らないといったケースはマナー違反になります。
そのため、これから長く付き合うことを前提として考えた上で、贈ることが相手に負担にならないかなど、さまざまなことを考慮しておきましょう。

場合によっては疎遠になっていることもあって今年は贈るのをやめておこうというケースも出てくるかもしれませんが、突然やめてしまうと相手に心配をかけてしまうかもしれません。
もし、贈るのを控える場合は、お中元、お歳暮、年賀状と、段階的に控えていくことがマナーになっています。

お中元の熨斗や水引はどうすればよい?

お中元の品物は、熨斗紙で包む必要があります。
ギフトの専門店やショッピングサイトで「お中元」として購入するケースが多いため、あまり気にしなくてもマナー違反になる熨斗紙が使用されるケースがまずありませんが、熨斗の選び方も含め、いくつか決まりがあるので覚えておきましょう。

まず、熨斗には一度結ぶとほどけない「結びきり」と、何度もほどいて結びなおすことができる「蝶結び」があります。
お中元は何度繰り返しても良いことなので後者の「蝶結び」が使われます。
また、慶事の贈り物なので紅白の水引が使われます。
最近では実際の水引ではなく紙に印刷されたものを使用するケースが多くなっています。

また、お中元を贈る場合、品物に熨斗をかけて包装する「内のし」と、包装の上から熨斗をつける「外のし」があります。
どちらが正解というルールはありませんが、宅配で贈る場合は熨斗が破損しにくい「内のし」を選ぶのがおすすめです。
直接お渡しする場合は、誰から送られたものかがすぐに分かる「外のし」にするケースが多いようです。

熨斗の表書きは何を書けばよい?

熨斗の表書きは、お中元などの場合は恋色の墨を使い、毛筆で縦書きに記していきます。

水引の上段には「お中元」「御中元」、暑中見舞いや残暑見舞いになる場合にもそれぞれの目的の内容を記します。
下段にはやや小さめの文字で自分の名前を、フルネームで書きます。
連名で贈る場合は目上の人を一番右に記すのがマナー。

立場が同じ場合は五十音順、夫婦で連名とする場合は男性を右側にするのが一般的です。
その他、会社の同期やサークルのメンバーなど、贈る側の人数が多い場合、3名まではそれぞれの名前を記しますが、それ以上なら代表者の名前を中央に書き、あとは「他一同」などの表記でまとめましょう。

喪中の方への贈り物は熨斗に注意が必要

喪中の方にお中元を贈るのは問題ありませんが、一般的に慶事を意味する「紅白の水引で蝶結び」にされた熨斗は、喪中の方に対して失礼にあたります。
熨斗や水引がついた熨斗紙は控え、白無地の奉書紙や白い短冊に「御中元」などの表書きを記してお送りしましょう。

また、故人にお世話になっていたとしても、お中元を故人宛に贈るのは失礼にあたります。
ご家族とのご縁がない場合はお中元を控えてもマナー違反にはなりませんし、今後もご家族とおつきあいを続けていきたいと思う場合はご家族宛に贈るなどの配慮が必要となります。

お中元で贈ると失礼にあたるもの

お中元の品として贈る際に注意したいのが「贈ると失礼にあたる物」です。
その理由と共に紹介しますので、参考にしてください。

お中元で贈ると失礼にあたるギフト

  • 刃物(ナイフ、包丁、はさみなど)
    縁を切るという意味がある
  • 履物(靴、スリッパなど)
    踏むという行為が相手を侮辱する意味にとられる。靴の場合、読みから「苦痛」を連想する
  • 衣類(肌着・下着など)
    着るものに困っているため、仕方なく贈ったと思われる
  • ハンカチ
    漢字にすると「手巾=てぎれ」となり、縁を切る意味になる

  • いわゆる94と同じで「苦死」を連想させる
  • 筆記用具や時計
    目上の方に贈る場合、勤勉を推奨する意味が含まれ、失礼にあたる

贈っても失礼にはあたらないけれど避けた方が良いもの

夏の贈り物であるお中元は、失礼にあたらなくても贈る際に注意しておかなければならないことがいくつかあります。
例えば、生鮮食品やアイスクリームなど保存に気を遣うものを贈る場合は事前に確認をしておいた方が無難です。
また、お中元に限ったことではありませんが、現金や商品券など、金額がはっきり分かるものは避けておいた方が無難です。

コーヒーや紅茶、アルコールなど、「好きな人には喜ばれるけれど、人によっては飲めない場合がある」ものも注意が必要です。
相手が好きなものであれば喜ばれますが「贈られても飲まない」となれば、気を遣わせるだけで迷惑な品になってしまいます。
贈る相手の好みを理解した上で商品を贈るよう心がけましょう。

お中元におすすめのギフト

お中元は夏、お盆の時期に贈られることもあり、お盆を連想させる品物が多く選ばれます。
特に、人気が高い商品は下記の通り。

  • そうめん・うどん
  • ゼリー
  • フルーツ(メロン・すいか・ぶどうなど)
  • コーヒー・お酒・ジュースなど

夏の贈り物の定番といえば、一番に思い浮かぶのがそうめんではないでしょうか。
そうめん自体は一年を通して販売されていますが、お中元をはじめ「夏の食べ物」としてイメージが定着しています。

これは、氷水に入れて食べる冷たい食べ物で、食欲が落ちている時でも食べやすいこと。
塩分を多く含んでいることもあり、熱中症対策にもなるので特に夏におすすめされる食べ物となっているようです。
さらに、乾麺なので長期間保存できる点も夏の贈り物として好まれる理由のひとつです。

ゼリーもそうめんと同様で、常温で長時間の保存が可能。
食べるときは冷蔵庫に入れ、冷やすことでおいしく食べられるため贈られてうれしい食べ物のひとつです。

フルーツは主に夏に出回るスイカやメロン、ぶどうなどを贈るケースが多いです。
長期保存が可能なわけではありませんが、生鮮食品ほど気を遣わなくても問題ないことと、季節を感じられる甘未としても人気となっています。

コーヒーやビールなどの嗜好品は好みが分かれるため人を選びますが、好きな人は毎日でも飲みたいと思っている人が多いため、贈ると喜んでもらえます。
複数の人から贈られても日々消費されていくため気にせず贈ることができる点が、贈る側としても安心できるのではないでしょうか。

お中元はお世話になっている方に感謝を伝えるもの

お中元は、日頃お世話になっている方への感謝を伝える大切な行事のひとつです。
人間関係を深める良い機会でもありますが、間違った贈り方やマナーに反する行為をしてしまうことでマイナスの印象を与えてしまうこともあるかもしれません。
せっかく心を込めて選んだひと品。
物だけでなく気持ちも含めて相手に届けるためにも、細かい部分まで気遣いを忘れないようにしましょう。